あしたへの選択

Vol. 1 子牛のフェニックス / Phoenix the calf

Email Print

Vol. 2  ダイアナと29羽の雌鶏たち / Diana and the 29 hens

ファーム・サンクチュアリー
2007年のレスキューより

Courtesy of the photo and text
by
Farm Sanctuary

捨てられた子牛達の回復

いたずら好きのビリー。のんびり屋のケーシー。
それから少し頑固なところがあるけれど、とても
愛くるしいフェニックス。わずか数カ月前にこれらの子牛たちは皆、「死」という同じ言葉で説明されたかもしれません。そう考えると、目が覚める思いです。

しかし、ファーム・サンクチュアリーの捜査官がトラックで屠殺場へ運ばれていた3頭の子牛を助けることになり、彼らは「生きる」という方角へ向かうことになりました。ビリー、ケーシー、フェニックスは皆、生まれてから24時間以内に酪農工場から廃棄され、そしてそこから生き残ったのです。

これらの雄の子牛は病弱に生まれたので、農場では役に立ちませんでした。ミルクを作り出すことも、高級な牛肉になることも出来ません。その為、かれらは生まれたその日に屠殺場へ引き渡されることになりました。これは「子牛ジョッキー」と呼ばれています。酪農工場でよく行われる業務です。これらの輸送トラック運転手は酪農工場から酪農工場へ巡回し、病気の赤ちゃん子牛を引っ張り出しては、そのまま屠殺場へ配送します。

ビリー、ケーシー、そしてフェニックスが最初にカリフォルニアのファーム・サンクチュアリーに到着したとき、かれらは生きるために闘っていました。私たちは応急手当のために急いでかれらをU.C.ディビス動物大学病院に運びました。3頭ともチューブによる食事が必要な状態でした。またケーシーとフェニックスは収縮した腱に苦しみ、前肢のひづめは折れ曲がっていました。フェニックスはそのために、ひざまずくような格好で大変苦労して歩いていました。

しかしながら、避難所スタッフの献身的な介護のもと、その子牛達は死に直面した苦しみを耐え抜き見事生き残りました。

ビリーとケーシーは初期の病状から比較的すぐに回復しました。2頭は主な病気が治療されてからは、牧草地を元気よく走り回ったり、太陽に照らされて遊べるまでになりました。彼ら2頭は病院から救護納屋へ移されたとき、回復に最も時間を要したフェニックスのそばへ置かれました。

フェニックスは、2月に入っても右前肢には添え木を固定されていました。しかしある日その前肢が腫れあがり、痛みに苦しむフェニックスを発見した私たちは、かれをUCディビス動物大学病院に連れて行きました。医者から診察を受けた後、かれの右足の腫れを引き起こしていた原因は、収縮した腱を矯正するための堅い添え木によるものであり、それは左肢に関しても同じことが起こりうるということがわかりました。その腫れた部分は感染症を引き起こしており、早急に治療が行われました。 また、フェニックスは右前肢を完全に着地して歩くことが出来なかったため、爪先に「人工爪」を取り付けてもらいました。

フェニックスがUCディビスから退院してからも、私たちの避難所内で注意深く介護に当たり続けました。その翌月、再検査の結果、前肢は問題なく歩行できるまで回復していることがわかりました。これでもう牧草地にいるビリーとケーシーに加わることができます。

ケーシーにも健康上の問題がいくつか起こりました。今春、かれが臍ヘルニアを患っていることがわかり、UCディビスで治療を受けさせました。その後には、去勢手術による膿瘍が見つかったため、今後の感染症を防ぐために抗生物質が投与されました。 今ではもう病気からも回復し、大変元気に暮らしています。

3頭すべてが、立派な若い牛になりつつあります。 私たちは、かれらが元気に成長を続け活発にしているのを見守ることが出来、本当に嬉しく思っています。そして、生きるチャンスがあるにもかかわらずかれらの死を望む残酷な産業を拒絶します。

Translation by Maki


ファーム・サンクチュアリーは北米最大の畜産動物保護団体です。ニューヨーク州に175エーカー、カリフォルニア州に300エーカーの広大なサンクチュアリーを持ち、1000頭以上のレスキューされた畜産動物が最善の医療とケアを受けながら暮らしています。調査、レスキュー、教育、菜食の啓発、法改正などの活動を通して、アメリカ畜産動物保護活動のリーダー的役割を20年以上続けています。こちらのブログ「サンクチュアリー物語」にてフェニックス救出の様子がご覧頂けます。 

*So Happy! 第1回から5回までファーム・サンクチュアリーからCFTへ提供して下さいましたテキストと写真を紹介してゆきます。

*当サイトのPeopleセクションにて、ファーム・サンクチュアリーのコファウンダーでもありプレジデントのジーン・バウアーさんに伺ったお話をご紹介しております。洪水からレスキューされたお母さん豚と子供達のお話もあります。


追記:
子牛の3頭のうちビリーは2007年の秋に突然息を引き取りました。
呼吸器の問題があったそうですが、原因はドクターにもわからなかったそうです。
心よりご冥福をお祈りします。天国のファーム・サンクチュアリー で駆け回って
いますように。



2007 Featured Rescues

Courtesy of the photo and text
by
Farm Sanctuary

Discarded Dairy Calves Bounce Back from Neglect

Billy's the joker. Casey's laid back. And Phoenix is a real sweetheart-though a little on the stubborn side. It's sobering to think that just a few scant months ago they could've all been described using the same term: dead.

But these three calves got a shot at life, thanks to a Farm Sanctuary investigator who pulled them off of a truck bound for a slaughterhouse. Billy, Casey and Phoenix are all survivors of an industrialized dairy farm, discarded less than 24 hours after their birth.

Born weak and sickly, these male calves were useless to the farm. They could not produce milk. They could not produce high-grade meat. So they were shipped off to slaughter the day of their birth. It's a practice so common that it spawned the creation of a new cog in the factory farm machine: the "calf jockey." These transport truck drivers make the rounds from industrialized dairy to industrialized dairy, pulling ailing babies from the property and routing them straight to the slaughterhouse.

When Billy, Casey and Phoenix first arrived at our California Shelter, they were fighting to live. We rushed them to U.C. Davis Veterinary Medical Teaching Hospital for immediate attention. All three needed to be tube fed, and Casey and Phoenix were suffering from contracted tendons, causing their front hooves to buckle under. Phoenix struggled to walk on his knees.

But under the attentive care of our shelter staff, the calves' fight to survive was a winning battle.

Billy and Casey both rebounded relatively quickly from their early troubles. After their major physical problems were resolved, the two could be found romping around the pasture and playing in the sunlight. They were eventually moved from the hospital to the rescue barn to be kept near Phoenix, who had a bit more difficulty bouncing back.

Phoenix continued to wear a splint on his right front leg well into February, until it was found swollen and painful one day. We took him to UC Davis' vet hospital where doctors discovered that the rigid splints used to correct his contracted tendons were causing the swelling on his right leg, as well as problems with his left. The areas were infected and immediately treated. Phoenix was also given a "toe extension," a device used to ensure that he lands fully on his right front leg, something the calf had not been doing.

Once released from UC Davis' vet hospital, Phoenix still kept a low profile at our shelter. The next month he was rechecked and found to be fit as a fiddle-and ready to join Billy and Casey in the pasture.

Later, Casey had some troubles of his own. We discovered an umbilical hernia this spring, which was treated by doctors at UC Davis. He also had an abscess from his neutering surgery. Casey was put on antibiotics to head off any potential infection. Today, he is healed and doing great.

All three are shaping up to be fine young steers. And we're excited to watch them continue growing and thriving-and defying a cruel industry that would rather see them die before they have a chance to live.

*Farm Sanctuary is the largest sanctuary for farm animals in north America.  It promotes laws and policies that support animal welfare, animal protection, and vegetarianism/veganism by rescue, education and advocacy.  Their 175-acre New York farm and 300-acre California farm house more than 1000 rescued animals.  At their blog called "Sanctuary Tails", you can find out more about Phoenix!

*CFT is  honored to introduce the interview with Mr. Gene Baur, President and Co-Founder of Farm Sanctuary on our site section "People".  Mr. Baur talked about the tale of Nikki, the mother pig, and her babies who were rescued from the Midwest flood by Farm Sanctuary, along with other fascinating episodes. 


Update October 2007

"Billy died suddenly and unexpectedly in the fall of 2007, stunning and saddening all of us. The young steer was a favorite among those who knew him; you couldn’t help but adore his bouncy and playful energy. We were heartbroken by his loss, and perplexed by its cause. Unfortunately, the doctors who treated him didn’t have firm answers. They could tell us that he died due to respiratory problems, but the cause of his condition remains unknown – though the horrendous ordeal Billy endured as a newborn likely affected his health even as he grew. Though short, Billy‘s life was full, marked by the companionship and affection he gave so freely to those around him." - Farm Sanctuary

CFT would like to thank Farm Sanctuary for the courtesy photo and the text.

Billy will live within our heart forever... We are sure he will be running around and playing at Farm Sanctuary in heaven.